エアコンジャパン HOME > 教えて!エアコン博士

教えて!エアコン博士

業務用エアコンを選ぶ際のポイントを博士が教えてくれるよ!

業務用エアコンと家庭用エアコンの違い

業務用エアコンと家庭用エアコンの違い店舗に家庭用のエアコンを取りつけたら、「あまり冷えない」「電気代が高くついた」というような声をよく耳にします。
様々な機能が付いているのが魅力的な家庭用エアコンですが、元々個人家庭での利用を想定している為、人の出入りの多い店舗や事務所などでは部屋を十分に冷やしきれず、かえって電気代がかってしまうのです。
業務用エアコンは機能は最低限に絞られていますが、その分冷暖能力が格段に高いので、真夏や真冬の時期に一日中付けっぱなしにしていたとき、ランニングコストで大きな違いが出ます。
ただし、ランニングコストで見れば格段に威力を発揮する業務用エアコンですが、初期投資に費用がかかってしまうのが難点です。しかし、エアコンジャパンのレンタルサービスを利用すれば、月8,000円~業務用エアコンを導入することができますので、お気軽にご相談ください。 レンタルに関する詳細はこちら

業務用エアコンの種類

業務用エアコンの種類天井に埋め込むタイプや、天井に穴を開けずにつるすタイプなど、一口に業務用エアコンといっても、さまざまな種類があります。
新しい建物に取り付ける場合は、好きなタイプを選ぶこともできますが、実際はそうでない場合がほとんどです。新しい業務用エアコンの導入を検討されている場合は、まずは既存の業務用エアコンの種類を調べてみてください。勿論、直接エアコンジャパンへお問合せいただいても構いませんよ。
業務用エアコンの種類に関する詳細はこちら

業務用エアコンを選ぶ際のポイント

業務用エアコンを選ぶ際のポイント業務用エアコンを選ぶときは、設置する場所と広さが重要です。同じ面積で使用する場合でも、雑貨屋さんと焼き肉屋さんでは室温が違ってくるので、その分必要な馬力も変わってきます。また最近は、夏の暑さが厳しくなっているので、これまでの基準では思うように部屋が冷えないこともあります。
エアコンジャパンでは今後の酷暑に備え、一般的な基準より少し強めの馬力でご案内しています。

業務用エアコンのメンテナンス

業務用エアコンのメンテナンス「最近エアコンの効きが悪いかもしれない…」
「気になる臭いがする気がする…」
エアコンを使用していて、上記のようなことを感じたら、一度メンテナンスの検討をおススメします。長期間使用していれば、当然のようにホコリがたまり、部品が古くなったりして、少しずつエアコンの効きは悪くなっていきます。
気になった箇所は早目の対策を行うことで、電気代の節約や、エアコンを質のいい状態で長く使用することができます。
業務用エアコンのメンテナンスに関する詳細はこちら

業務用エアコンとエコ

業務用エアコンとエコエアコンの冷暖能力は、国の省エネ基準制度などにも後押しされて、この10年間で驚くほど向上しました。現在の最新機種と10年前の機種を比べると、40%以上性能がアップしたといわれています。
つまり、10年前の機種を使用していた方が、最新の機種に変更した場合、CO2の削減率は40%。これは、21本の杉の木が吸収するCO2に相当します。
新しい機種のものは消費電気量を抑えられる機種が多く、年間で見たときランニングコストに大きな違いが見られます。
環境の為になって、経費削減にもつながる…
10年以上前のエアコンを使用されている方は、是非この機会にエアコンの買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?

このページのTOPへ戻る